園児に向けてお絵かき外部講師

園児の想像力や自己表現の力を広がられるよう、外部講師お絵かき教室も実施しています。

今の子供たちに必要なのは、自己表現です。
足並みそろえてみんなと同じ。それもこの日本文化で生活する上で大事なことですが、
10年後はAIの導入が進み、社会の求める人材は、集団適応能力よりも、突出した個人的能力が求められる時代に変わると考えています。

幼稚園・保育園の先生方に質問です
行事のあとに描くお絵かきの際、同じテーブルの園児同士、同じような作品を書いていませんか?
アートに対する園児の向き合い方はそれぞれですが、早く書き始めた子の真似をする子が多いと思います。

それは、自分の作品を作り上げる際、漠然とした不安があるからです。
「上手に書かなくちゃ」「完璧に書かなくちゃ」
、、、、、、描くことの楽しさを忘れています。
絵は、描くこと楽しみながら、自分の想像力を自己表現していくとっても大切なパフォーマンスなのです。

はんだなんだが行う『なんだ先生のお絵かき教室』は
そんな園児たちの不安を吹っ飛ばすような、終始笑いの絶えない授業です。
浅草で学んだ『カリカチュアスタイル』
カリカチュアとは、『誇張』『ユニーク』『デザイン』のことであり、
これを利用すればダイナミックで発想豊かな絵を描くことができます。
とにかく、楽しいのです。

絵なんて下手でもヘンテコでも、なんだっていいの!絵は表現するものだから。
綺麗に書きたければ、もうちょっと大きくなったらいくらでも上手になれます。

まずは絵に対しての不安を吹き飛ばしましょう!それが一番大事です。
そして、お絵かきって本当に楽しい!!
そう思ってくれることを願っています。

お問い合わせ、講義内容の確認はこちら⇒https://handananda.com/contact

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)